新着情報

あの「すみこ」が
今頃Twitter始めたらしい!


「すみこTwitter」http://twitter.com/kadyasumiko 

ホンマは「kadoyasumiko」やのに、間違って「kadyasumiko」になったらしい。

フォローしてやってください。


すみこはフォロー返しはしないと思います。
上から目線なので(笑)

直接メッセージを送っても返事しないらしいです。
プライベートはシークレットらしいので(^^)

ほぼ放置プレイになること間違い無しですが、皆様がフォローしてくれたらきっと「しゃあないなー」と言いながらつぶやいてくれることでしょう。


「すみこTwitter」http://twitter.com/kadyasumiko 


まあ、俺は絶対にフォローしないけどね(^_^)v

ワクワク感が止まらない!【俺達の磐城壽】!

前回、蒸したお米に麹菌を振ったところまで見ていただいたと思います。

届きましたよー鈴木大介氏から経過の画像が!


これが前回、麹菌を振ったばっかりのお米。
覚えててくださいよ。


そして!

これがお米に菌糸がグングン入っていってるところ!


更に!



どーですかこれ!
こんな風に変化するんですよ!

美しいでしょ。


「麹(こうじ)」という言葉は、もうひとつの漢字がありまして。

「糀(こうじ)」という漢字です。

この漢字を解体すると、「米」と「花」に分かれます。

つまり、「お米に花が咲く」

お米に花が咲いたように見えるのが「糀」「麹」なんですねー。


おぉぉ!って思った方!

予約しないでいつするの!

【俺達の磐城壽】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/1039





いつも有り難うございます。

いやー、最近頭痛が頻発してきました。
偏頭痛とは違う、普通の頭痛です。

頭痛持ちの人ってみんな分かるんですけど、この痛みはどの頭痛が見分けつくんですよ。
利き酒みたいなもんです。

まあ、そんなん全然自慢になりませんけどね(笑)

さて!

勢いが止まらない「磐城壽」鈴木酒造店さんの酒造りの近況!


この写真、麹菌を振ってまだ数時間なんで分かりませんけど、これからどんどん変化していきます。
お米一粒一粒に花が咲いたように美しくなります!


次に鈴木大介氏から送られてくる写真あたりで、「おぉぉ!」って感じてもらえるかも!

お米って、美しい。


発酵を続けている酒母タンクの様子。



表情ガ変わってきましたねー。さて、これからどうなっていくのでしょうか!
こうご期待!


【俺達の磐城壽】
http://kadoya-sake.ocnk.net/product/1039

 

 


続々と蔵元さんから画像が届いております!

こうして状況を見れるって、ホンマにワクワクしませんか?

今のこうやって造られているのが日本酒として出来上がり、12月に実際に飲めてしまうんですから。

きっと、皆さん以上に私がテンションアゲアゲになってますけど(笑)


ということで、一気にアップしてきますよーーー!酒屋万流!!!



添仲麹になるお米が蒸されます。
その温度がコレ。


蒸気の温度は100度オーバー!


そして、こんな感じで蒸されます。

なかなかの存在感。

 


蒸し終えた後、このお米を甑から取り出します。


蒸し終えたお米をある一定の温度まで下げ、今度は麹室に引き込みます。
この部屋が麹室(こうじむろ)。


そして、蒸米を麹室の中で均一に広げていきます。


今から麹菌を振ります。


余談。これらの画像は、全て鈴木大介氏が撮影してメールで送ってくれるんですけど、「なんか俺、仕事してないみたいに見えるので、ちょっと撮ってもらいましたよー」とカメラの前で張り切る鈴木大介氏。

いかにも「俺もちゃんとやってんだぜ!ベイベー!」
鈴木大介氏、きっとさりげなくカメラを意識しているはず(笑)



麹菌を振った後は、全てのお米に麹菌が行き渡るよう、「床揉み」って言う作業をします。
それが終わると、今度は蒸米にしっかり麹菌の菌糸がお米の中まで入っていくよう、麹菌がノリノリになってくれる温度を維持する為に一定時間、布で包みます。

 



その後、「切り返し」という作業。麹菌が入り込んだお米をもう一度ほぐし、そして箱に入れ、再び布をかぶせます。

 


ここからの温度管理がこれまた大変。

夜中の作業が始まっていきます。


ん~、どうですか皆さん!

完成までまだまだ工程がありますよー!

こんないろんな工程を踏んで【俺達の磐城壽】が完成していくんですー!


ここまで見て「おぉ!」って思った人は是非完成したお酒を飲んでください。
鈴木大介氏率いる「チーム磐城壽」の造る酒は飲む価値あります。


【俺達の磐城壽】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/1039

10 28

赤霧島

 



当店のような店でも赤霧島が入ってきます。
結構コンビニでも見かけるようになりましたねー。

もしご希望がありましたらフラッとお店にお立ち寄りください。
遠方の方には発送も出来ます。
(写真は1800mlですが当店での販売は900mlです)


【赤霧島詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/1172



1 2 3 4
トップへ戻る