新着情報



 

 



 



藤市酒造「菊鷹」
山廃純米吟醸無濾過生酵母違い2種
山廃本醸造無濾過生

マジで飲むべし!


以下のアドレスからどうぞ!!!!!

http://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/77








【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の北側に1台分の駐車スペースあり




愛知県稲沢市より、酒造りに全てを捧げる男「山本克明」杜氏2年目の山廃シリーズ「純米吟醸2種」「本醸造」合計3種到着。

ワクワクしながら待ってたので、気持ちを落ち着かせながら3本を開栓してゆっくり試飲。

結論。

GOOD。

全てが手探りで、未知の世界に突入した1年目、山本克明氏はいろんな経験をしたと思います。プラスになったこと、逆にそうじゃなかったこと。
それを2年目、非常にエエ感じに「山本克明の酒」に近づいてきたんじゃないでしょうか!!!!!

酵母違いの山廃純米吟醸無濾過生。
異なるのは酵母の種類のみ。
同系列の風味はしっかり存在感が出てます。上立ち香と含み香で違いは歴然。

山廃本醸造無濾過生原酒。
昨年同様ヘヴィー級ではあるものの、洗練された感がある!そしてエエ色してる!
山本克明氏が大阪の蔵に在籍していた頃に造っていた本醸造に山廃風味がプラスされた感じ!しかし、山廃山廃してないんですよねーこれが!!!

いやー、1年目から2年目とグイグイ成長している「菊鷹」そして「山本克明」氏。
早く愛知県からこっちに帰ってけぇへんかなー。

山本さんと一緒に飲みたいぞ!!!


webからのご注文については現在準備中。
あとちょっと待っててくださいねーー!!



【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。



いつもありがとうございますー。
恒例となっております週末の店頭販売・試飲酒のご案内でございますー。




★★★店頭販売★★★

【日本酒】

◆磐城壽 熟成純米アカガネ 【山形県・鈴木酒造店長井蔵】
◆磐城壽 しぼりたて純米中汲み 【山形県・鈴木酒造店長井蔵】
◆菊鷹 山廃純米吟醸無濾過生 静岡酵母 【愛知県・藤市酒造】
◆菊鷹 山廃純米吟醸無濾過生 熊本酵母 【愛知県・藤市酒造】
◆田酒 特別純米 【青森県・西田酒造店】
◆田酒 山廃純米 【青森県・西田酒造店】 など




【本格焼酎】

◆無濾過旭萬年 芋 【宮崎県・渡邊酒造場】
◆旭万年星 麦 【宮崎県・渡邊酒造場】 
◆豊永蔵常圧にごり無濾過 純米 【熊本県・豊永酒造】
◆完がこい シェリー樽寝かせ 【熊本県・豊永酒造】
◆国分酒造樽貯蔵秘蔵芋焼酎 【鹿児島県・国分酒造】

※販売にあたってルールがある場合があります。詳しくは店頭にて。





【食品】

◆奈良漬け「守口大根」

※守口大根の奈良漬けが大好評でしたのでラインナップ拡充

◆奈良漬け「瓜」
◆奈良漬け「すいか」
◆奈良漬け「きゅうり」
◆奈良漬け「きざみ」

◆田酒 酒粕飴
◆田酒 酒粕

◆紀州南高梅 3種
◆茨木あまさけ





【試飲可能酒】

(日本酒)
◆磐城壽 熟成純米アカガネ
◆寫樂 純米吟醸山田錦生
◆奈良萬純米無濾過生「中垂れ」
◆喜久泉 吟醸

(本格焼酎)

◆麦麦旭万年 麦
◆白麹旭萬年 芋
◆黒麹旭萬年 芋
◆豊永蔵常圧にごり無濾過 純米
◆完がこい シェリー樽寝かせ
◆国分酒造樽貯蔵秘蔵芋焼酎



10時より開店いたします。
皆様のお越しをお待ちしております。






【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。



最近、「お米」という言葉にスゲー敏感です。
お米の知識がある訳でもないんですけど、なんか「お米」に反応する。

ひょっとしたらそれは、日本酒の原料がお米で、お米に関わる事が増えたからかもしれないですねー。

ウチの店で去年12月中旬から売ってます「茨木あまさけ」という、我が地元・茨木市で作られたお米を原材料に、奈良吉野で造って貰ってる甘酒があるんですけど、これについても地元の農家さんのところに何度か足を運ばせて貰っていろんな話を聞いて、様々な事を克服して(大した事ではない)商品化させることが出来たというところで、どこか「お米」に興味を持ってしまってるんですね。

さて、今回ブログで「わざわざ」紹介したいなーって思ってる焼酎があるんっすよ。

コレ。




熊本・人吉にある焼酎の蔵元「豊永酒造」さんが世に送り出してる焼酎なんです。

写真を見てもらったら分かるように、色がついてるでしょ?
普通、焼酎は無色透明(無濾過のものは時期によって白濁したりもする)。

なんで色がついてるかっていうと、シェリー樽に焼酎を漬けてるんです。
じっくり寝かせてる訳です。

で、シェリー樽に寝かせる元の焼酎はどういう焼酎かっていうと、「お米が原料」の焼酎なんです。

お米が原料?つまり米焼酎?

そうそう、そのとおり。



焼酎というと、麦焼酎や芋焼酎を思い浮かべる方が多いと思うんですけど、これは私達が毎日毎日、食べる事が普通になってるくらいに日常にある「お米」を原料にして出来上がった焼酎なんです。


この「お米が原料の焼酎」を、あえてシェリー樽に数年寝かせるんだから、それはやっぱり意味があっての事。


製造元の豊永酒造さんは、シャレにならないくらいの「お米のスペシャリスト」。
当主の豊永史郎さんは若かりし頃、原料であるお米を有機農法にて育てようと決めました。
それで、お米を作って下さる農家さんといろいろ話をし、いろんな事があったそうです。
じっくり時間をかけて話し合いをし、理解をしてもらい、そして農家さんと共に同じ方向に向かって進む事ができるようになったんですって。


豊永さんがいつも考えている事があります。それはどんな事かというと、


「蔵のあるこの地“球磨”で焼酎を造る意味」


どうしてこの地に生まれたのか?
この地に生まれた意味は何なのか?

500年以上続く「球磨焼酎」。
先人が“球磨”という地でお米を原料にして焼酎を造り出し、そして現在に至るまで伝えたかった事は一体何なのか?

自分がこの地で生かされている意味は何なのか?



毎日考え続け、それを“生き方”で表現する為に「焼酎」に落とし込んでいく。
そして、様々な形で“焼酎を通じて球磨から発信していく”。


確信された豊永さんの思いはもうブレません。
日本人にとって『命』である『お米』を託され、それを原料に焼酎を仕込む。
こんな重要でやりがいのある時代の継承ってあります?
すげーと思うんですよ私は。



で、話は戻ります。(とんでもなく支離滅裂ですみません)


今回皆さんに「あえて」ご紹介したかった、シェリー樽に寝かせた、お米が原料の焼酎。

私を信じて一度味わってみて下さい。
シェリー樽から抽出されたエキス分が純米焼酎に見事に移り、ベースとなる純米焼酎の表情が変わっていく。
数年間という熟成期間を経る事で味にまろやかさと丸みが出てくる。

氷ひとつ落としたワイングラスにこの「完がこい」を注ぐと、パーンと香りが華やかに。
樽の香り、そして優しく上品な甘さ・・

ワイングラスから焼酎をひとくち飲んだら、思わず笑顔になってます。



ホント美味しい。
チャンスがあるなら是非味わって欲しい。



【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/93



★現在、当店店内でも試飲していただくことができます。






【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。

「磐城壽」鈴木酒造店さんより、旬の酒が入荷。

 

★磐城壽 季造りしぼりたて 中汲み純米酒

 

鈴木酒造店さんよりの「純米中汲み」が到着。
とても感慨深い・・・。

福島県浪江町の蔵元さんですが、現在は山形県長井市にて酒造りをしています。
山形のお米「出羽燦々」を使い、福島県浪江・請戸蔵の山廃酒母から選抜した自家酵母D-10を使用。

うっすらと濁った無濾過純米原酒で、味のパンチ以上に優しさと柔らかさ、そして福島県浪江町請戸の風景が思い浮かんでくるような味わいがなんともいえません。

【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/663

1 2 3 4 5
トップへ戻る