新着情報


えー、そんなに忙しくないのに気持ちばっかり焦ってます。
なんでなんでしょ?
ブログを書く事すら忘れてしまう毎日。
いかんいかん。

ん~、なんか分からんけど焦る・・・。


ということで気持ちを入れ替え、新酒の入荷情報ですー!



11月後半に入荷してました。
ん~、鈴木酒造店さんが山形で復活してくれた時の事を思い出す・・。
新酒が出た時、嬉しかったなー。

本醸造の無濾過生ですが、あえて本醸造との記載はありません。
「季づくり」とだけ書いてます。

磐城壽しぼりたて

旨けりゃいいじゃないか!純米だの云々は横に置いといてー。
理論で飲む酒は旨くない(^_^)v

【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/304


そして、実は中身は同じなんですが、山形の地元で流通しているブランド。



一生幸福しぼりたて
写真左です。

福島県から山形県へ移転。
廃業する予定だった「一生幸福」さんの蔵を購入し、山形の地で「磐城壽」を造り続ける。

福島県の人達のために「磐城壽」を醸し、蔵のある山形県の人達のために「一生幸福」を醸す。

なかなか出来ることではありません。
でもそうすると決めたんです鈴木大介は。

同じしぼりたて。
中身も同じ。
でもなぜか、飲み比べてみると違った味に感じてしまうのは私だけでしょうか・・・

【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/619



次!



会津娘 純米 一火


今、会津若松にある「会津娘」の蔵元さんは大忙しです。
私も大阪の地でしっかり頑張らなくてはいけません。

このお酒は会津娘の「顔」とも言える酒。
通常2回火入れでの出荷ですが、この冬の時期のみ「1回火入れ」で出荷されます。
まさしく「この時期だけ」。


出来たての新酒を1回火入れしてフレッシュさをギュッと封じ込めました。
火入れの良いところは「安定感」。
生酒のような変化が非常ゆ緩やかになるところ。
火入れ酒、私大好きなんですよねー。


【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/865



さて!コレ!




早瀬浦純米酒“槽しぼり新酒”

非常にアットホームで、ウチの娘も大のお気に入り「三宅さんファミリー」。
2歳半のウチの娘なんか、夏に三宅さんのところに遊びに行った事をずっと覚えてて、寝言で三宅さんの2人の娘さんの名前をつぶやく程。

そんなあったかい「チーム三宅」で造られる「早瀬浦」は、とにかく旨い。

この酒は会津娘と同様、蔵の「顔」となる酒。いわゆるレギュラー酒。

出来たての生酒を1回火入れすることで、ギュギュッと新酒特有の旨味香りを瓶に封じ込めました。

冬の間だけ感じるこの風味。
現在当店でも品薄になってきています。

蔵元さんでも1回目出荷が完売してしまったとの事。すげー。

それくらい全国からオファーがある酒なんですよー。
是非お試しあれ。


【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/244



あーーー!書きたい事いっぱいあるけど、今日はここで終了!
焦るーーー(^_^)v

トップへ戻る