2019/02/15 19:11

ファンキーファンキー蒸留酒、手にしないとダメだ!予約受付中!

お世話になります。酒屋です。

このメルマガはご登録くださっている全ての皆様に送信させて頂いております。

 

ファンキーでパンクな蒸留所が世に送り出すぶっ飛び蒸留酒の紹介でございます。

早速ご予約くださった皆様ありがとうございます!

 

なかなかの反響を頂戴しておりましたので、改めてお知らせ。

よろしくお願いいたしますー。

 

 

 

 

 

熊本県湯前にある小さな蒸留所「豊永酒造」。

 

 

 

 

みんな、この蒸留所の存在を知っているだろうか?

 

いや、そんな質問は野暮だな。

 

知らないということが俺にしてみれば意味不明。

 

それほど当店にとってデカい存在であり、もし貴方がウチの事を知ってくれているなら、やはり「知らないということが意味不明」。

 

 

豊永酒造と言えばあのファンキーでぶっ飛んだ麦焼酎「麦汁超にごり」。

 

あまりの多くの予約を頂き、俺は焦ってダッシュで豊永酒造さんに電話したよ。

 

電話しながら土下座だよ。

 

「すんません、なんとか分けてください!!!!頼んます!マジで!!!」

 

 

そしたら快く受け止めてくれたんだよミスターダンディ豊永氏は。

 

ダッシュで追加分を送ってくれたよ・・あの時の感謝は思い出すだけで涙が出てくるゼ(ウソ)。

 

 

そう。「麦汁超にごり」を世に送り出し、飲み手をいい意味で悶絶させた小さな蒸留所「豊永酒造」がまた何か新しいチャレンジをしようとしているんだ!

 

 

 

 

ミスターダンディ「豊永史郎」氏率いる熊本県湯前の蒸留所「豊永酒造」。

 

 

豊永酒造のトップである豊永史郎氏。

 

豊永史郎氏は、雑誌「LEON」の表紙を飾るジローラモのような、ミスターダンディちょい悪親父風。

 

 

 

 

豊永氏、ダンディなのに腰が低すぎる。

 

底辺酒屋であり、かなりの年下のチキンハート男である私と対等な目線で付き合ってくれる。

 

 

 

こんな嬉しくてありがたいことはないのでございます。

 

 

 

 

 

焼酎業界で最もLEONの表紙に近い男・豊永氏。

 

 

 

しかし、最近ライバルが登場しているのをご存じだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はこの男の存在を見て、すぐにダンディ蔵元・豊永氏とリンクしたよ。

 

 

 

その男とは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。

 

吉川晃司。

 

ドラマ「下町ロケット」に登場する帝国重工の財前部長である。

 

 

 

こんなにパリッとスーツが似合うダンディ男いる?

 

このバシッときまった白髪スタイル、シブすぎね〜か?

 

 

 

今や、ダンディという言葉の使用が許されるのは「豊永史郎」か「吉川晃司」である。

 

 

 

 

 

 

俺もこういうダンディスタイルで酒屋をしてみようか(無理)。

 

 

 

 

 

 

そんなダンディ2トップのひとり、豊永史郎氏が率いる熊本湯前の蒸留所「豊永酒造」より今月中旬、ファンキーでパンクな蒸留酒が世に送り出されることが決まったのだ。

 

 

 

 

お待たせしました。

以下が今日の本題。

 

 

世間に衝撃を与えるかもしれない蒸留酒の説明だ。

 

 

 

 

 

原料は蒸留所のある熊本県で栽培されたお米。

 

我ら日本人から決して引き離す事の出来ないお米。

 

このお米こそ俺達の主食であり、命の源。

 

 

 

そんな命の源であるお米は農家の皆さんの手によって栽培され、我々の食になる。

 

そして、今から紹介するのは、まさしく「日本人の命の源」であるお米を原料に蒸留酒として仕上げた豊永酒造の全魂を込めて世に送り出される愛ある雫なのだ。

 

 

 

長文だぞ。覚悟してくれ。

 

 

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

パンク。

ファンキー。

俺は俺。

 

世間が何をどう言おうと、俺は俺であり続ける。

誰の顔色だって見ない。

だって、俺達は俺達の生き方をしなければいけない。

 

そんな生き方が出来るって素晴らしいし羨ましい。

それをまさにやってのけるのが熊本・豊永酒造さん。

 

 

米焼酎。

皆さんのイメージはきっと「すっきり軽快」ですよね。

 

そんなイメージを180度どころか、もっともっと豪快に1800度以上も覆してくれるのがこの焼酎。

 

 

★完全無濾過

★完全無調整

★蒸留したまま

★全然すっきりタイプじゃない

★豪快なインパクトある味わい

★香ばしさ満載

★イメージより超濃厚

 

 

 

これらの言葉が全てあてはまる蒸留酒を、ミスターダンディ豊永史郎氏が世に送り出そうとしているのだ!

 

 

 

この焼酎に使用されている酵母がファンキーなのである。

 

 

 

その酵母の名は・・・

 

 

「ウイスキー酵母」。

 

 

 

ウイスキー酵母?

 

初めて聞いた。

どんな味わいになるんだろう・・

全く想像がつかない・・

どんな香りが放つ焼酎に仕上がっているのだろう・・

 

 

でも、あの豊永さんがチョイスした酵母なんだから、確実に昨年度以上のパワーアップを見せてくれることだ!

 

 

しかし、常にアンテナをはり伝統を守りながら新しい事を取り入れ、私たち愛飲家達のハートを常にくすぐってくれる豊永酒造さんは本当にオモロいわ!!

 

 

ファンキーでパンク。

俺は俺。

 

たくさんあった選択肢の中からこの道を進み続ける事を決意した豊永酒造さんが世に送り込む蒸留酒の名は・・

 

 

 

 

 

★ゆ乃鶴 無濾過超にごり ウイスキー酵母仕込み

 

 

一升瓶で税込み2484円。

720mlで税込み1296円。

 

 

 

ん?安くないか?

安すぎないか?

 

蒸留したての新酒で、濾過をおこなっていない無濾過仕様。

ファンキーでパンク。

思ったより濃厚。

お米を原料にした焼酎ってすっきりだと思ってたのに、なんでこんなにボディがあって香ばしくて甘さがあるんだ?

 

そんな焼酎がこの価格?

 

 

おいおい、大手メーカーさんじゃあないんだよ?

蒸留酒造りの多くの工程が手作業なんだよ?

それでこの価格はダメでしょ。

 

でもこの価格で勝負すると決めたミスターダンディ豊永氏。

 

 

やっぱりぶっ飛んでる。

ファンキーでパンクだ!

 

 

蒸留酒造りの多くの工程が手作業なのにこの安さ。

そして味わいがファンキー。

造り手である豊永氏もファンキーでパンク。

酵母にウイスキー酵母使用。

 

 

おいおい、また業界に激震が走るんじゃねーのかよ。

 

豊永氏はまた業界のパイオニアを走り抜くのかもしれねーな。

 

 

 

 

この蒸留酒「ゆ乃鶴無濾過超にごりウイスキー酵母」、飲まずにどうする?

いいの?

ホントにいいの?

 

ま、選ぶか選ばないかは貴方の決断次第。

 

貴方に任せた!

知らんけど。

 

 

予約受付開始しました。

 

2月中旬入荷予定。

 

 

 

 

 

 

 

最後に。

はっきり言っときます。

 

 

世間が悶絶したファンキー麦焼酎「麦汁超にごり」。

 

これと比較すると原料がお米であるということでインパクトは麦汁より優しい感じでございます。

 

ただ。

ただですよ!

 

お米が原料の蒸留酒というジャンルの中では完全にぶっ飛びの存在。

 

 

 

 

お米が原料の蒸留酒と聞いてピンときてない貴方!

 

「米焼酎は飲まないよ」

 

 

そういうことを思っているとしたら、貴方は全くファンキーでもパンクでもない(笑)

 

 

もし過去に飲んだ経験があって、それ以降に口にしてないならば、今回できっとそれは【卒業】することになるだろう。

 

 

確実にインプットされるぜこの蒸留酒の事を。

 

いや、それを越えて小さな蒸留所「豊永酒造」がバシッとインプットされることだろう。

 

 

飲まないという選択肢は無い。

 

 

当店から蔵元さんに発注した数量分のみの入荷。

予約優先。

 

 

予約、よろしくお願いします。

 

 

【ファンキーパンク蒸留酒 予約ページ】http://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/14

 

 

 

 

最後までお読み頂き誠にありがとうございました。

長文失礼しました。

口が悪くてすみませんでした(笑)

どうぞ皆様の広すぎる程の寛大なるお心にてスルーしてくださいませm(_ _)m

 

いつも読んでいただき感謝しております。

 

 

かどや

 

 

 

 

**************************

かどや酒店 

大阪府茨木市蔵垣内3-18-16

072-625-0787(代表)

http://kadoyasake.com

cac01240@star.ocn.ne.jp

毎週月曜・祝日定休

**************************