新着情報

2020/10/21

旅に出たい

旅に出たい

★当店詳細★

かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com

13:00頃~18:00頃 月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり

★現在参加者募集中のイベント★ →http://kadoyasake.com/menu

現在はイベント開催予定はございません。

 

4/22~無期限

【平日営業時間】13:00~18:00

【土日営業時間】10:30~18:00

新型コロナウイルス感染防止策で営業時間変更となっております

 

 

★実店舗休業日★

10/5・12・19・26

 

 

 

旅行したい_d0367608_18010325.jpg

 

 

こういう本を読んでたら、旅に出たくなります。

 

 

 

旅行したい_d0367608_18005235.jpg

これも、

 

 

 

旅行したい_d0367608_18003352.jpg

 

 

これも。

 

 

 

バシッと休んで旅に出る時間を作るのも大事かもしれんな!

 

 

 

 

 

ということで、そんなん言ってる間に、続々とタマラン酒が入荷してきております。

 

 

 

 

 

旅行したい_d0367608_11301595.jpg

 

 

青森酒「田酒」。

当店ではもうお馴染みどころか、オモロすぎる西田社長が率いる「チーム田酒」が面白すぎて、もう欠かせない蔵元さんのお酒です。

 

 

 

田酒の秋酒、登場。

ラベルが紅葉しております。

また、ラベルには紅葉がちりばめられております。

 

まさに秋。

 

 

 

秋になる今の時期までじっくり蔵の貯蔵庫で熟成を重ね、今回満を持して登場。

 

本日21日より店頭販売開始します。

 

少しでも多くの方に味わって欲しいので、1グループ1本にてお願いいたします。

 

 

 

これ、あえて小声で言いますけど、ぬる燗いいよ。

 

 

 

旅行したい_d0367608_11303318.jpg

 

 

当店にあるリキュールが炸裂中。

 

 

 

皆さん、リキュールといえば梅酒とかそういうのを思い浮かべると思うけど、それだけじゃない。

 

この画像にある酒は、大人なリキュールだ。

 

そして、共にこのリキュールのベースとなるのは、シャレにならないハイクラスの蒸留酒、つまり最高の本格焼酎なんだ。

 

 

 

写真左!

 

このリキュール用専用の純米焼酎を造り、そこにスパイスであるカルダモンを漬け込む。

 

そしたらとんでもないカルダモンのお酒が出来た!

 

 

 

正直言います。

 

 

 

大ヒットです。

 

 

 

香りに魅了される方、多すぎ。

めちゃカルダモン。もうね、カルダモンカルダモンしてます。

 

本当の事を言いますけど、このカルダモンのお酒、各地からお問い合わせ頂いてます。

そして更に!ウチみたいな弱小B級酒屋が持ってるオンラインストアでずっと上位です。

 

 

 

それ、なんでだと思います?

 

 

 

ひとつは、旨いから。

 

完全なるソーダ割り専用酒。

 

ソーダ割りするともう「生きてて良かった」と思える旨さを体感できる。

誰がこんな酒が登場すると思ってただろうか!

 

 

 

実は焼酎にカルダモンを漬け込むお酒、家庭とか飲食店さんは自分でやってたりするんですよ。

 

焼酎にカルダモンを漬け込むだけだろって。

 

 

 

偉そうに言うけど怒るなよ。

 

 

 

甘い。甘いわ!

 

 

 

気持ちは分かる。

でも、同じ味にはならないよだよ。

 

 

 

ここがさすがプロ。蔵元さんだ。

この商品が完成するまでには苦難どころではない道のりがあった。

 

ここではあえて書かないけど、【漬け込むだけ】というそんなシンプルで簡単なもんじゃあないんだよ。

 

 

 

結論としては、この商品を世に送り出した蔵元・豊永酒造さんは、カルダモンを漬け込む為だけの米焼酎を造った。

そして、配分。漬け込む量に漬け込む温度に漬け込む時間。

 

何度も失敗を繰り返し、レシピを見直して今、ひとつの形が出来たんだ。

 

 

 

で、実際のところ、「店でやってみたけど無理だった」という飲食店店主さんからがっつり指名を頂き、定期的にお届けさせてもらっている飲食店さんの多いこと多いこと!

 

 

 

料理のプロが認める蔵元・豊永酒造さん。

すげーぞ。だからこのカルダモン、飲んでみて。

 

ソーダ割り専用ね。お湯割りやロックやストレートじゃないよ。

 

このカルダモンの良さを体験できるのはソーダ割りやからね。

 

 

 

「米焼酎の特性とカルダモン、合うんじゃないか?」と蔵元の豊永さんに提案した男・岸川。

 

現在、総持寺と西中島南方で飲食店してる。

昼はカレー屋やってる。

 

 

 

「旬香唐」

 

 

 

これで検索したら一発で出てくるぞ。

 

 

 

このカルダモン焼酎の生みの親・岸川が提案した構想を、蔵元の豊永さんが形にした。

 

もうね、ワクワクしかないよな。俺はワクワクしっぱなしや!

 

 

 

岸川君から「話があるから」と、ちょうど大阪に来ていた豊永酒造の豊永さんと私の2人で彼の経営する飲食店に行って話を聞いた。で、豊永さんは「面白そうじゃないですか、やりましょうよ」と即断。

 

 

 

そういう潔さと攻めの姿勢を貫き通す豊永さんには毎回シビれる!!

 

 

 

「やったことないなら、やってみよう。やってみてダメだったらまた次を考えよう」

 

 

 

 

 

そんなスタイル、大好きです。

 

 

 

カレー屋をやってる岸川君やからこその提案がオモロくて、それが形になって、ウチの酒屋でもかなりのヒット酒になってる。

岸川君と豊永さんがそんな話をしている「最初の最初」を知っているだけに、気合いも入るってなもんですよ。

 

 

 

豊永酒造さんが世に送り出すカルダモンリキュール、これ飲んでなかったらなんか意味分からんわ。

 

 

 

 

 

次!

 

写真右!

 

 

 

コーヒーリキュール「コーヒースペシャリテ」。

 

あの麦焼酎「クラフトマン多田」を世に送り出した男・多田さんがコーヒーに恋をした!

 

コーヒーに恋をしたというか、ホンジュラスの高級コーヒー豆を焙煎して旨いコーヒーを提供している焙煎所の方に恋をした!

 

 

 

お互いが恋をした!

 

つまり、両思い!

 

だったら形にするしかないでしょ!

 

そして完成したのが麦焼酎をベースとしたコーヒーリキュール「コーヒースペシャリテ」だ。

 

 

 

私はコーヒーリキュールに猛烈にワクワクしたことがない。

 

甘いだけだ。なんか邪道。なんか分からん。

 

 

 

そんな印象だった。

 

この酒と出会うまでは。

 

 

 

 

 

ある時、自分の事をクラフトマンと名乗る多田さんから電話もらった。

 

 

 

「こういうのどう思う?」と。

 

 

 

最初に話を聞いた時、もともとコーヒーリキュールに恋をしたことがないワタクシとしては、何って言ったらいいか分からなかった。でもひとつ、あの【焼酎業界の変態】という異名を持つ多田さんがあえてこっちの世界に入ってくるということは、確実にオモロい事になるやろなとは思った。

 

 

 

で、これも完成するまでなかかなか試行錯誤したようです。

 

あの、クラフトマン多田が苦戦!試行錯誤ですよ!

 

 

 

ある時、サンプルが届きました。

特に意味はないんですけど、届いたサンプルを数日試飲してなかったら、なんと!

 

 

 

あのクラフトマン多田さんから入電!

 

 

 

「あ、まだ試飲してないんっすよ」って言ったら、

 

 

 

「なんでー!注文来ないからおかしいなーって思ってたんだよー」と(笑)

 

 

 

ダッシュで開栓。

 

開栓した時に漂う香りにビビった。

 

 

 

俺が過去に飲んだ事のあるコーヒーリキュールじゃないぞ。

 

なんだこのボディある香りは!

 

上質なコーヒーの香りそのものやないかい!

 

なんだ!そそられる!

 

ダッシュでグラスに注ぎ、口に含んでみると・・

 

 

 

 

 

 

 

鳥肌。

 

 

 

 

 

甘すぎない大人のコーヒーリキュールだ。

 

これはイカン、イカンよ。

 

甘すぎないという理由はきっと、有機栽培のサトウキビから抽出した黒糖蜜のおかげだな。

しかし、このコーヒーの香ばしさは一体何なんだ!

 

奥の方からチラチラ顔を見せる麦焼酎のボディある円やかな存在感と甘さ・・おいおい、ちょっとイラッとしてきたぞ!

 

 

 

 

 

結論。

 

 

 

アカン。

 

コーヒーファンは全員飲まなアカン奴や。

 

 

 

 

全国のBAR経営者さんへ。

これ、定番にしてください。

 

 

 

 

全国の飲食店経営者さんへ。

我々飲み手の最後の〆で、この酒を飲ませてください。

 

 

 

家飲み派の皆さんへ。

 

1日の終わりに、これをほんの少し、ストレートかロックで飲んで自分に「お疲れ!」といやしてあげてください。

 

 

 

 

 

これ以上は言わない。

 

あとは体験せよ。

 

飲んでくれた全ての人に満足してもらえるかどうかそんなん無理やし知らんけど、俺は猛烈に惚れた。

 

このコーヒースペシャリテに恋をした。

 

 

 

だから、飲みに行ったお店にコレがあったら今のところ100%最後の〆にロックで飲んでる。

そして癒やされている。

 

 

 

全国のコーヒーファンよ。

 

しっかりこの酒の存在をインプットしておくんだ!

 

 

 

旅行したい_d0367608_11303318.jpg

 

 

 

 

ソーダ割り専用のカルダモンリキュールは以下をクリックすれば買える。

 

https://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/14

 

 

 

シャレにならない大人のコーヒーリキュールは、以下をクリックすれば買える。

 

https://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/121

 

 

 

 

 

楽しもうぜ毎日!

 

オモロい出会いを求めようぜ!

 

酒との出会いを!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んだら、次はコチラ。

 

 

 

かどやスタッフ「すみこブログ」→ https://kadoyasumi.exblog.jp/

かどやスタッフ「タマキブログ」→ http://blog.livedoor.jp/zunow_quark

 

かどや酒店 商品新着情報最新→ https://ameblo.jp/kadoya-sake/

かどや酒店 Instagram→ https://www.instagram.com/kadoyasaketen_osaka/

かどや酒店 Twitter→ https://twitter.com/kadoyasake

2020/10/15

若波純米吟醸雄町

若波純米吟醸雄町

若波

純米吟醸

山田錦

 

 

若波 純米吟醸 雄町_d0367608_08481025.jpg

 

私が全身鳥肌まみれになって興奮してしまった酒。

第一回目入荷分が10月8日くらいに入荷し、10月10日には売り切れてしまった。

 

そして昨日。
10月15日に第二回目分が再入荷。
その日から店頭に並べて販売開始してる。

 

ん~、素晴らしい。勢いが止まらない。

ホンマに私はこの若波山田を飲んでワクワクした。
酒屋やってて良かった!って思った。
こういう体験があるから酒屋はヤメラレナイ!

 

そして、そんな第二回目の「若波山田」の入荷があった時、同時にまたシャレにならない酒が入荷したんだ。

 

 

若波 純米吟醸 雄町_d0367608_09535211.jpg

 

若波

純米吟醸

雄町

 

 

ここで「おお!」と思った方は素晴らしい。
ピンときてない方はまだまだやな(笑)

 

この酒、今年4月に一度出荷されてます。

【生】で。

 

「火入れこそ若波の醍醐味」なんですけど、この時はあえてこのスタイルとは異なる方法をとる事に決めた。

つまり【全量生での出荷】でいくことを決めました。

 

でもここでやはり「火入れこそ若波の醍醐味」の本領発揮を見てみたくなった。

「福岡県産雄町」の実力・威力・力強さ・魔力。

 

若波酒造にとって未知の世界だった「福岡県産雄町」。
生で出荷することで、生の魔力を体験した。
そう来たならば、やはり火入れでの雄町のポテンシャルを経験すべき。

 

更に方向転換。

全量生での出荷から、一部火入れ貯蔵へ。

 

 

そして今回、

 

 

 

若波 純米吟醸 雄町_d0367608_09540214.jpg

 

秋になるまで蔵内貯蔵庫にて眠りについていた「若波純米吟醸 雄町」が今、目を覚まして4月の頃から大人になり、更に進化して登場したのであります。

 

若波酒造のオモロすぎるところは、「進化しすぎ」(笑)

今の若波スタイルで進んでいこうと決心して10年。
当初はいろんな苦労・失敗などなど、さまざまな経験があったと聞いてます。

そりゃそうや。
規模や銘柄や知名度や、そんなチマチマした事は全然関係なく、どの蔵もいろんな経験をして今があるんですよね。

 

失敗して修正して、それでも失敗するから更に修正して。

 

失敗からの修正があるから「進化」できる。
それを、バシッとやってのけてるように思うんですよ若波さんは。

 

飲んだら分かるわ。これマジで。

 

 

先に入荷してる「若波山田」と飲み比べも出来てしまうから今がとてもオモロい。

 

 

若波 純米吟醸 雄町_d0367608_09541290.jpg

 

若波山田も若波雄町も、共に地元福岡県産米を使ってる。
福岡県産山田錦も福岡県産雄町も、きっと若波酒造さんで使われてる事にめっちゃ喜んでるんとちゃうやろか。

だって、こんなに旨い酒にしてくれてるんやから。俺が酒米の立場やったら、かなり嬉しいわ!

 

飲み比べしてみて。
飲み比べしてください。
飲み比べしなさい(笑)

 

 

 

若波 純米吟醸 雄町_d0367608_09542134.jpg

 

 

 

 

若波山田はシルバー系。
若波雄町はブロンズ系。

 

いつかゴールドが出るのか!もしかしたらもう狙ってるのか、嘉一郎氏(笑)

 

 

ということで、現在店頭にて凄い勢いで嫁いでいってます。
昨日店頭に並べて、もう数回補充してますから、ご来店頂ける事の多い土日じゃなくって平日でこの勢いは「マジでアリエナイ」。

それくらい若波さんにめちゃ期待してる飲み手の皆さんが居てくれてるってこと!

 

 

 

若波酒造の皆さんへ。

 

ワクワクするプレッシャーっすね(^_^)v

 

 

今、手にして欲しい。
若波山田に若波雄町。
出会いは一期一会。
旬はサーッと通り過ぎていく。
その瞬間を逃さず体験する。
四季がある日本に住む我々だから体験できることでございます。

 

「旬を楽しめ!」

 

 

この2種は店頭でも現在販売中。
また、遠方で行かれへんわー!っていう方は、当店webからもエントリー可能。

 

かどや酒店web→ https://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/106

 

 

「おいおい、週末の土日まで大丈夫かよ」って思ってくださってるそこの貴方!

 

 

大丈夫。ウチに任せといてください!

 

 

 

 

 

最後まで読んだら、次はコチラ。

 

かどやスタッフ「すみこブログ」→ https://kadoyasumi.exblog.jp/
かどやスタッフ「タマキブログ」→ http://blog.livedoor.jp/zunow_quark

かどや酒店 商品新着情報最新→ https://ameblo.jp/kadoya-sake/
かどや酒店 Instagram→ https://www.instagram.com/kadoyasaketen_osaka/
かどや酒店 Twitter→ https://twitter.com/kadoyasake

2020/10/15

お酒の頒布会

d0367608_18353324.jpg
お酒の頒布会 早速のご予約ありがとうございますm(_ _)m_d0367608_11303014.jpg
嬉しい・・
嬉しすぎる・・
多くの方にリピートして頂き、感謝です。
「もしかしたらウチの頒布会楽しんで頂けてるんやろか・・」とドキドキしながら毎回やってます。
問題点もたくさんあるのは重々承知してて、その中でいかに楽しんでもらえるか、ワクワクしてもらえるか。
そんなことばっかり考えています。
「到着まで銘柄内緒」
完全にふざけてるよなー。到着までどこのどんな日本酒が手元に届くか分からんって!
1本あたりの予算だけは分かるけど、どんだけやねん!何やねん銘柄内緒って!
私、思うんですよ。
最近いろんな本を読んでるんですけど、その中でも東野圭吾の本が読みやすくてグッとのめり込めて、なんかワクワク感あってオモロくて好きなんです。
経験済みなので、「東野圭吾の本やったら安心」って思ってるから、新刊が出てると迷う事なく買うんですよ。
じゃあ、他の本にすぐに手を出せるかというと、案外そうじゃなかったりする。
知り合いとかに「この本オモロいから読んでみて」って言われて読んだらオモロかった。
それがきっかけでその作家さんの本を追いかけるって事もある。
そう、何が言いたいかというと、酒も本に似てるような気がして。
★飲んだ経験のある酒、自分に合ったからまた他の種類のこの銘柄の酒を飲んでみたいと思う
★飲食店さんで1杯飲んでみて美味しかったから酒屋で買ってみようと思う
★みんなが美味しいでって言うてるから気になるし飲んでみたいと思う
★雑誌に載ってたし、有名やし飲んでみたいと思う
そうでもないとなかなか自分が経験したことのない酒を手にしようって思える時って、まあまあ無いっすよね。
そこで思ったんです。

「頒布会が新しい出会いをしてもらえるきっかけになってもらえたら」と。
それがウチの頒布会。
よかったら詳細見て、オモロそうやと思ったらエントリー!
もうね、ホンマに何かオモロい事ないかと、そんな事ばっかり考えてますわ。
「それ、オモロいやん」って言うてもらえたらもうそれで幸せ。
お酒の頒布会もそう思ってもらえたらエエなーって思ってます。
ホントに多くの方からのリピートを頂き感謝です。
新しく申し込んでくださってる方も、ホントに感謝!
ほぼ1年中やってるんですよ頒布会。
その中でも冬の頒布会がなかなかアツいで!
前にも書きましたけど、
お酒の頒布会 早速のご予約ありがとうございますm(_ _)m_d0367608_11491209.jpg
佐賀・光栄菊酒造さんのお酒が頒布会に入る事が決定しました!
(ホントは銘柄内緒ですけど、12月からの頒布会については毎年チラ見せしてます)
お初のエントリーバシッとお待ちしてますよ!
お酒の頒布会 早速のご予約ありがとうございますm(_ _)m_d0367608_08481025.jpg
若波純米吟醸山田錦。
在庫ヤバし。
今持ってる在庫、もしかしたらこの土日で無くなる可能性大。

ダッシュで蔵元さんで取り置いてもらってる分を送ってもらう依頼をしましたー。
来週火曜にはまた入ります。

で、実は・・・・
来週の火曜に「ビビる若波」が入荷予定。

あの時の「アレ」の「アレのタイプ」の「アレ」が来ますよ!
今回の山田と一緒に再び発信予定!
覚悟しててや!!

2020/10/10

そこまで言うか

そこまで言うか

そう言われました(笑)

若波純米吟醸山田錦を飲んだ時の感想が激しすぎると(笑)
そこまで言うか_d0367608_08481025.jpg
でもね、それくらい旨いんだって!
何度も言うけど、酒は嗜好品。
私はすげー旨いぞ!って言っても、それが全ての人に当てはまるとは思ってない。

女性から見た男性の好みだって、みんなバラバラ。
それと一緒。もうね、人それぞれ。
100人中100人が旨いと言ってもらえる酒は無いかもしれないけど、俺はコレ本気で旨いって思うから推す!
悪いけど、猛烈に推しまくる!
若波純米吟醸山田錦。
これはすげーぞ。
マジですげーぞ。




日本酒にはいろんなジャンルがある。

クラシックタイプ
モダンタイプ
フレッシュタイプ
熟成タイプ
辛口タイプ
甘口タイプ

もうね、書き出すとまだまだいろいろある。
いろんなジャンルがあるからオモロい。
どれも否定することもない。
全部認める。
全て認めた上で「俺、これ好き」「私はこれが好き」っていう意見が出る。
当然逆の意見もあると思う。
それでいい。それじゃないとオモロない。
だから日本酒はやっぱりオモロいなって思う。
で、若波。
そこまで言うか_d0367608_08481025.jpg
これは口にしたほうがいい。
飲んで欲しいなー。
酒に対する思いは蔵元さんはとんでもない。
我が子を嫁に出す気持ちで世に送り出す。
もっというと、自分達が造った酒を世に出してどんな評価されるか、もうね、ドキドキもんなんっすよ。

マイナス評価受けてしまうんじゃないか。
もしマイナス評価を受けてしまったら、どこの行程のどの部分を修正しなければならなかったんだろう。

高い評価をもらったら、じゃあ来年の造りでどの部分を伸ばそうか、生かしていこうか、自分達だけの酒を更に飛躍させていくには何をどうやったらいいのか・・などなど、もうとにかくいろんな事考えてます。
ということで、感動しましたよ若波山田に。
そこまで言うか_d0367608_08481025.jpg
週末は確実にコレやな。
お世辞とか嫌いなんで、おべんちゃらとか全く言いませんが、惚れたものは推す!惚れた蔵元さんとガチでいきたい。
それがウチのスタイル。
ええとこどりはしない。
ということで、台風が落ち着いたら週末は是非お越しください。
あえてここにアップしてない情報も、リアル酒屋に来て頂けたら「お!」って思ってもらえるはず。
酒屋の俺が言うてもしゃあないけど、酒屋はオモロいぞ!
そして、酒屋の店主はほとんどがだいたい【ややこしくて面倒くさい】ぞ(笑)
それがまた個性でオモロいんやぞ!
酒屋の棚と冷蔵庫を見てるだけで、1時間くらい一切喋らなくても飽きないぞ(ウチとしてはそれでは困るけど(笑))
酒屋に行こう。
酒屋はオモロい。
何やったら、酒屋紹介するよ!
最近知り合いになったあの酒屋、なかなかオモロいから紹介するし!
とにかく台風が落ち着いたらお待ちしております。

2020/10/10

若波純米吟醸山田錦

若波純米吟醸山田錦

週末はいつも普通にやってくる。
天気がいい日悪い日。そりゃいろいろある。
明日の土曜はちょっと天気悪そうやな。
台風来るみたいやし。
大きな被害が出ない事を祈りつつ・・

 

明日と明後日の週末は、恒例の「かどやに行く日」。

 

そんな最高の日に皆さんが確実に手にしなくてはいけない酒と出会ってしまった。

 

 

 

天気が微妙。しかし、週末はやってくる。とんでもない酒と出会ったぞ!「若波純米吟醸山田錦」_d0367608_08481025.jpg

 

 

とんでもない酒と出会ってしまった。
ふざけるな!何なんだこの酒は!

 

とんでもなく憂くて驚いて、気持ちが高ぶったまま蔵元の今村嘉一郎氏に電話してしまったよ。
嘉一郎氏の話を全然聞く事なく、一方的にこの酒の旨さを猛烈に伝えてしまったよ!

そんな流れで愛の告白をしそうになったじゃないか!
それくらい衝撃的だった。
俺はこの酒が好きだ。
っていうか、若波酒造の進化は一体何なんだ!

 

出会った酒は、「若波 純米吟醸 山田錦」。

地元福岡県産山田錦を全量使用した若波スペシャルだ。
香りから魅了されてしまった。
口に含んで喉を通った後の最後の余韻まで、全部感動させられてしまった。
チョームカつく!
優しいのに存在感あって、口の中でフワッと広がったと思ったらスゥーっと消えていく。

おいおい、今、この市場に出ている酒はだいたいが旨くて、とてもハイクラスなんや。
それぞれの酒がそれぞれの方向性を持って、「ウチの酒」というものを造っている。
ホントに美味しいなーって思える酒とばかり出会うから、とにかくレベルが高いということ。

 

そんなレベルの高い今の時代に、更に感動させてくれる酒って、どんだけハイクラスやねんって思う。

 

スタッフ「すみこ」もこの酒を口にしたとたん、ものすごい笑顔になってたもんねー。

 

大声で「うわ!美味しい!!!」って叫ぶバージョンじゃないんだよこの酒は。
口に含んだ瞬間、全身の力がゆっくり抜けてしまいそうになる。トロけそうになる。
深呼吸して「あぁぁ、なんて美味しい酒なんだ・・」と。

 

私は、何でか知らんけど、自分の好みを越えた、純粋にひとつの酒としてこれはとんでないぞ!と思える酒に出会ってしまうと体中に鳥肌が立つ。

両手両足背中。全身が続々する。

 

ここ最近だと、「而今純米吟醸山田錦」を飲んだ時もそんな感覚に襲われた。
そして今、俺は「若波純米吟醸山田錦」を飲んでゾクゾクした。

 

 

天気が微妙。しかし、週末はやってくる。とんでもない酒と出会ったぞ!「若波純米吟醸山田錦」_d0367608_08481025.jpg

 

好みは人それぞれ。
嗜好というのはコレ!という答えがない世界。

私たちが経験した事が全ての人に当てはまるとは思わない。
でも、「いい酒やなー」って思える酒と出会って欲しい。

今回紹介させてもらった若波もそうだし、当店がご縁を頂いている蔵元さんの酒は最高だ。

どの蔵も「俺は俺」を貫き、それぞれの蔵がある環境の中で自分達が決めた方向に向かって酒を造り、それを世に送り出してくれてる。

 

そんないろんな酒の味わいが全部違うからこそオモロくて、そこに否定すべきものは一切無くて、人に強制されるものでもなくて、とにかく嗜好の世界は自由。そこを思う存分楽しみたいし楽しんで欲しいとマジで思う。

 

もう何を書いてるか分からんようになってきたんでもうやめますが、週末は皆さん「若波純米吟醸山田錦」を必ずや手にしてみてください。そしていい週末を過ごしてください。

 

 

で、週末のおしらせいろいろ。

 

当店メンバーズカード会員様へ。
恒例の店頭ホワイトボードの内容がチェンジしております。
2ヶ月ぶりに再登場しておりますアレです。
前回は速攻無くなってしまったので、手にして頂けなかった方も多いと思います。
店頭にてご確認ください。

 

 

天気が微妙。しかし、週末はやってくる。とんでもない酒と出会ったぞ!「若波純米吟醸山田錦」_d0367608_08455560.jpg

 

年に1回の限定出荷。
青森酒「田酒 純米吟醸 秋田酒こまち」10日(土)より店頭販売を開始します。
少しでも多くの皆様に手にして欲しいので、1グループ様1本にてお願いいたします。
こちらの商品は1800mlのみとなっております。

 

 


天気が微妙。しかし、週末はやってくる。とんでもない酒と出会ったぞ!「若波純米吟醸山田錦」_d0367608_13432453.jpg
入荷案内したその日から電話が鳴りました。
「コーヒーリキュールまだありますか?」と。
それも数件の問い合わせ。案内した初日ですよ、初日!

で、入荷してから数日しか経ってないんですけど、本日現在の店頭在庫2本。
これはアカンということで明日再入荷いたします。

 

 

あの「クラフトマン多田」を造る焼酎業界の重鎮であり変態な蒸留酒職人・多田さんが世に送り出す大人のコーヒーリキュール「コーヒースペシャリテ」。

 

コーヒーリキュール、世の中に普通に出てますよね。
私の感想は、「全部甘すぎる」。

 

試飲会とかでも幾つかのコーヒーリキュールが出てる時があって試飲すると、美味しいんですけど甘い。甘すぎる。

 

そんな事を思ってて、世の中のコーヒーリキュールは全部甘いのか?って思ってる時に、自分の事を「クラフトマン」と言い切る多田さんが、新しい切り口で市場に投入してくれたのがこのコーヒーリキュール。

いい甘さ。上品でこれはいい!
そして、コーヒーそのものの香りがとても香ばしく、そこに更に麦焼酎の存在感が絡んでくれるから、もうね、アカンぞアカン!これアカンぞ!

 

大人だ大人。
毎日これを1日の〆にゆっくり飲みたい。
自分ひとりの時間で。

誰にも干渉されないひとりの時間で「コーヒースペシャリテ」を飲む。

至福やないかい!!

 

ということで、香り体験してもらえます。
明日明後日、ウチで是非香りを体験してください。

明日に再入荷するんですけど、時間帯によっては商品が届いてないことがあるかもしれない。
その時はごめん、また来てください!

 

以上!また更新します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んだら、次はコチラ。

 

かどやスタッフ「すみこブログ」→ https://kadoyasumi.exblog.jp/
かどやスタッフ「タマキブログ」→ http://blog.livedoor.jp/zunow_quark

かどや酒店 商品新着情報最新→ https://ameblo.jp/kadoya-sake/
かどや酒店 Instagram→ https://www.instagram.com/kadoyasaketen_osaka/
かどや酒店 Twitter→ https://twitter.com/kadoyasake

1 2