2019/08/01 18:22

若波シークレット

20181030_ce34c1.jpg

いろいろ企むのが好きです。

大好きです。

 

これも、ある企みから生まれました。

 

福岡県大川市。

若波酒造さん。

 

私の大好きな蔵元さんです。

 

去年、蔵を訪問させてもらった時に、

 

「ちょっとコレ飲んでください」と蔵元の嘉一郎さんが出してくれた「ある酒」。

 

何も知らされずに飲むのって、なんかテストみたいでめちゃ苦手なんですが、そこは酒屋。

一応17年くらいやってる身。

 

知識無し酒屋ということがバレないよう、「俺、まあまあ知ってる」風なオーラを出しながらテイスティングしました。

 

そしたらね、めちゃくちゃ旨いんですよ。

 

「お!あれ?ん?めちゃくちゃ旨いやん、コレ何??」

 

「実はこれ、云々かんぬんかくかくしかじか・・・」

 

そんな内緒話を聞かされてテンションが上がらない酒屋はおらん。

 

すぐさま「これ、ウチで売らせて~!」と直談判。

 

そこからいろいろ蔵元の嘉一郎さんや友香さん、杜氏の庄司さんと内緒話。

 

結論。

 

全てシークレット。

使ってる米、使ってる酵母とかのスペックは完全シークレット。

特定名称もシークレット。

ただ分かるのは「若波酒造さんで造られた、ものすごく旨い酒」という事のみ。

 

そして、価格は・・

 

一升瓶で2100円(税抜き)。

 

マジ・・

この価格で猛烈に旨いって、何なんだ!

イライラするわ!

 

ということで。

 

「若波シークレット」は昨年度、当店にて大ブレイクしました。

いや、大ブレイクどころじゃないと思います。

 

一部の人しかこの酒の存在を知らない、ワクワクさせてくれる酒「若波シークレット」30BYがまもなく到着いたします。

 

到着予定は8/3(土)。時間は分かりません。

到着次第、速攻店頭に並べます。

皆さん、これはゲットすべき酒。

 

今、若波酒造がとても面白い。

蔵の指揮を執る今村嘉一郎さんの真面目さと行動力、そして先を見る目は尊敬に値する。

嘉一郎さんを見てたら、俺のほうがだいぶ年上やけど、置いていかれないようにしっかり着いていかなあかんわ!って思うもんなー。

嘉一郎さんの姉の友香さん。蔵に戻ってきて女性杜氏として奮闘。

それから蔵は大きく前進しつつも原点を忘れず、しっかち地に足を付けて確実に前を向いて進んでる。

 

 

d0367608_18035021.jpg

 

クラシックとモダンの融合を見事なほどに表現した、誰もが「お!」と言ってしまうラベル。

酒質もグングン上がり、若波を飲んでくれた人は皆笑顔になる。

幸せになれる酒、若波。

 

是非いろいろ飲んでみてください。

ご体験ください。

 

で、話は戻って

 

 

d0367608_17563310.jpg

 

 

若波シークレット。

 

期待大。

 

8月3日に入荷。時間は分かりません。

入荷次第店頭販売開始。

 

期待大!!!